六本木一丁目駅周辺で美容院をお探しのお客様へ

2020/06/16 ブログ

みなさまこんにちはアトリエシーオーオカダです。

6月17日水曜日となりました。

アトリエシーオーのお店の近くにあるベラルーシ家庭料理のお店がございます。神谷町ミッドタウンの建設の関係で店舗移転を余儀なくロシア大使館の前に移転されていました。ベラルーシとはラトビア、リトアニア、ポーランド、ウクライナ、ロシアに囲まれた共和国になります。ビーツは「奇跡の野菜」「食べる輸血」ともいわれているビーツですが、 日本ではまだなじみが薄いです。スーパーでもあまり見かけませんが、 ビーツにはナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウム、 鉄といったミネラル成分が豊富に含まれています。特に高血圧やむくみ予防に効果があるとされている カリウムはレタス、トマトの2倍以上の含有量となります。  5大栄養素の一つともいわれるミネラルは、体の中では作り出すことができないため、 食品から摂取する必要があります。 体の機能を調節し、生命活動の維持に欠かすことができないナトリウム、歯や骨を丈夫にする カルシウムや血液をつくる鉄など、どの成分も私たち人間にとっては大切です。ビーツはミネラル成分以外の栄養素も豊富   ビーツは豊富なミネラル成分ばかりに目がいきがちですが、 その他にも魅力的な栄養素が豊富に含まれています。 ビーツにはビタミンA、ビタミンC、そしてナイアシン、ビオチン、 葉酸といったビタミンB群が含まれています。ビタミンCには皮膚、粘膜の健康維持や優れた抗酸化作用があります。 また毛細血管を広げて血行を良くするナイアシン、アミノ酸の代謝やコラーゲンの生成に 必要な栄養素でもあるビオチンは普段はあまり聞かない栄養素ですが、 健康な体を作る上では大きな力を発揮します。  葉酸は赤血球の数を増やしたり、タンパク質の元となるアミノ酸の生成に深く関わっています。 その他、腸内環境を整える働きがある食物繊維の働きも見逃すことができません。  ビーツの成分で近年注目を集めている一酸化窒素、ビーツは体内で一酸化窒素を生成するのに 効果的な食材として注目を集めています。一酸化窒素が体内で生成されることで、 血管を健康な状態にすることができ、 より多くの血液を各組織に運ぶことができます。  これにより体内の酸素も効率的に運ばれるので、優れた疲労回復効果を発揮します。 NO(一酸化窒素)は加齢とともに体内での産生量も低下します。 「最近、ちょっと疲れが抜けないな」と感じた方は、 自宅でも簡単に料理に使うことができる冷凍ビーツなどを取り入れてみてはいかがでしょうか?キラキラキラキラ  またビーツをもっと手軽に摂り入れたいという方におすすめなのが、 くまもとスムージーです。 ビーツを始めとした7種の野菜とフルーツを使った粉末スムージーは 多くのお客様から好評の声をいただいております。  「野菜の青臭さが感じられない」「スッキリとした味わい」など 継続しやすいような工夫が施されています。 ーツを使った有名な料理に、ロシアの赤いシチュー、”ボルシチ”があります。スープに深い赤色が滲み出て、寒い地域で重宝される煮込みスープです。ボルシチは、ブイヤベース、トムヤムクン、フカヒレスープと並び、なんと世界三大スープのひとつに数えられています。  また、ビーツは野菜のなかでも糖分が多いので、甜菜などの砂糖の代わりに利用されることもあるんですよ。そのため、非常に重宝されています。ーツには、赤いビーツと黄色いゴールデンビーツがあります。  アメリカではテーブルビートやビート、イギリスではビートルート、フランスではベトラーブやベートラブと呼ばれるなど、各国で少しずつ名称が異なり、品種によって形も少し異なります。和名は火焔菜(カエンサイ)と呼ばれ、日本へは江戸時代初期頃に持ち込まれた野菜といわれています。  ビーツを使った有名な料理に、ロシアの赤いシチュー、”ボルシチ”があります。スープに深い赤色が滲み出て、寒い地域で重宝される煮込みスープです。ボルシチは、ブイヤベース、トムヤムクン、フカヒレスープと並び、なんと世界三大スープのひとつに数えられています。  また、ビーツは野菜のなかでも糖分が多いので、甜菜などの砂糖の代わりに利用されることもあるんですよ。そのため、非常に重宝されています。ビーツは、ごつく丸い形をした根とそこから伸びる赤い葉脈がきれいな葉をつけます。丸い形しか見たことがない、という人もいるかもしれませんが、根に葉を付ける野菜です。  根を主に食用とし、葉も食べることができますが、大きく成長した葉はエグみが強いので、食べずに捨ててしまうケースもあります。今回購入したビーツは、葉をカットした状態で販売されていました。 また、一言でビーツといっても、品種によって断面に赤と白の渦巻模様があるアーリーワンダーというものから、全体が赤紫色に染まるレッドエースと呼ばれるものまでさまざまあります。手に取るビーツによって断面が異なれば、毎回使う楽しみが生まれますね。 気になる味については、少し土っぽく、食べづらいと感じる人もいるかもしれません。かぶより食感があり、ゆでると甘みが出るため、スープにして食べるのがおすすめです。 露地栽培で育てられるビーツの旬は、初夏の6月〜7月と晩秋の11月〜12月になります。夏はサラダなどにして、冬は温かい煮込み料理にして活用することができますよ。 主な産地は、長野、茨城、北海道、熊本など栽培されています。

明日も続きのお話をしていきます。 

アトリエシーオーはネイルケアとネイルフットケアもしております。 

メイク、着付けお行なっていますので、 お着物を着る方も是非ご検討ください。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆当日予約大歓迎☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆

 毎日21時まで営業です☆ 当日予約も大歓迎です!! 

03- 6809-6196 是非ご予約お待ちしております! 

一緒に盛り上げていただけるスタッフも募集中です。 

六本木駅西出口1番出口からグランドタワー側のエスカレターを利用して地上にお越しください。 

⭐️⭐️⭐️オカダ 

******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 tokyo salon atelier .co 

〒106-0032東京都港区六本木3-4-15-204 

TEL03-6809-6196 

定休日 不定休 

mail info@atelierco.jp http://wwwatelierco.jp atelier .co 

予約専用 https://beauty.hotpepper.jp/slnH000396627/?cstt=69 

******************************************************