東京メトロ乃木坂えきからもアクセスが可能です。

2020/06/23 ブログ

皆様いつもブログを見てくだりありがとうございます。

本日は6月24日水曜日です。

 

全回スイカの中にとリプトファンが含まれるお話をしましたが、

不安と上手に付き合う為にはストレス抱えてしまう現代社会に注目されているアミノ酸として紹介されております。

トリプトファンはしあわせホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、「ノルアドレナリン(神経を興奮)」や「ドーパミン(快感を増幅)」と並び、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つです。脳は緊張やストレスを感じるとセロトニンを分泌し、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを制御し、自律神経のバランスを整えようとします。ストレスが溜まっている時に温泉に入ったり、リラックス効果のある体操などを行ったりすると癒されるのは、セロトニンが増え、ノルアドレナリンが減少するからです。しかし、ストレスや疲労が溜まると、セロトニンの分泌量が減ったり、働きが制限されたりしてしまいます。 セロトニンは脳内で作られますが、その材料として必須アミノ酸のトリプトファンが必要となります。ただし、トリプトファンは体内で生成できないので、食事から摂らなければなりません。食べ物から摂取したトリプトファンは、日中は脳内でセロトニンに変化し、夜になると睡眠を促すメラトニンに変化します。そのため、トリプトファンが不足すると、不眠症や睡眠の質の低下を引き起こす原因となります。また、トリプトファンは、糖質、たんぱく質、脂質を代謝・分解する上で必要なビタミン(ナイアシン)の合成も行います。

基本的には食品中のタンパク質が多いほど多く含まれるトリプトファン、食材は主に、豆腐・納豆・味噌・しょうゆなどの大豆製品、チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、米などの穀類などです。その他、ごま・ピーナッツ・卵・バナナにも含まれています。また、肉や魚にもトリプトファンが多く含まれますが、動物性たんぱく質に含まれるBCAAというアミノ酸はトリプトファンを脳へ取り込みにくくするため、植物性たんぱく質から摂ることをおすすめします。ただし、動物性たんぱく質も「炭水化物(穀類、いも類、果物など)」と「ビタミンB6*」を一緒に摂ると、血糖が上昇してBCAAが筋肉に作用するため、脳内でのトリプトファンの合成が促進されます。効き目が倍増するわけですね。つまり、バランスよく主食・主菜・副菜を揃えて食事をすることで、必要とされるトリプトファンは摂取できます。 

 

 

明日も続きのお話をしていきます。      

 アトリエシーオーはネイルケアとネイルフットケアもしております。    

メイク、着付けお行なっていますので、お着物を着る方も是非ご検討ください。         

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆当日予約大歓迎☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆      

  毎日21時まで営業です☆ 当日予約も大歓迎です!!        

 03- 6809-6196 是非ご予約お待ちしております!   

一緒に盛り上げていただけるスタッフも募集中です。   

 六本木駅西出口1番出口からグランドタワー側のエスカレターを利用して地上にお越しください。       

⭐️⭐️⭐️オカダ          

 ******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * *          

 tokyo salon atelier .co        

〒106-0032東京都港区六本木3-4-15-204     TEL03-6809-6196           

定休日 不定休         

mail info@atelierco.jp http://wwwatelierco.jp atelier .co          

予約専用 https://beauty.hotpepper.jp/slnH000396627/?cstt=69           

******************************************************