六本木ヒルズよりもアクセスが可能です。

2020/06/26 ブログ

みなさまこんにちはアトリエシーオーの岡田です。

6月27日土曜日となりました。

地震があったり、火山噴火があったり、霧がかかったり、ですが、毎日暑くなってまいりました、今年も夏がやってきましたですね。

今回は美容効果やダイエット効果が期待出来る胡瓜のお話をしてまいります。

ギネス世界記録では、きゅうりが“ある分野”で世界一の食べ物として登録されているのですが、この記録は「Least calorific fruit(最もカロリーが低い果実)」というものです、確かにカロリーも栄養の一種ではありますが、ビタミンをはじめとしたその他の栄養素については一切言及されていないのです。 その逆の最も栄養が多いのは・・・云わずと知れた「アヴォカド」ですね。

●キュウリの主な栄養素

淡色野菜ですが、表皮のグリーンにはβカロテンが含まれています。抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。 

キュウリの主な効能でよく知られているのはカリウムをたくさん含んでいるので、ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、利尿作用もあるので、体内の水分量を調節し、きゅうりは利尿効果の高い成分を含んでおり、むくみをとる作用があります。 ここの成分がダイエット効果があると言われていますまた、きゅうりには身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。暑い夏が旬なだけに、熱くほてった身体を冷ますのにきゅうりが役立つと言うわけです。 栄養がないと言われている胡瓜ですが、きゅうりにはビタミンCやカリウムなどが含まれているほか、ぬか漬けにすることで栄養価が高まることも知られています。少なくとも、うわさされているほどの“ダメ野菜”というわけではなさそうです。ビタミンCには「還元型」「酸化型」があり、胡瓜にんじんなどに含まれるアスコルビナーゼには、還元型ビタミンCを酸化型に変えるはたらきがあるのです。シトルリンというウリ科の植物特有の有効成分が、きゅうりにも豊富に含まれている点はがあります。シトルリンは、アミノ酸の一種で、数々の効能が期待できる成分として、注目され血流を促進する働きや、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあり、 また、きゅうりには、フィセチンというフラボノイドの一種も含まれてフィセチンには、抗炎症作用が認められていいます。この作用により、脳の健康を維持する効果が期待できるそうです。

最後にきゅうりの種類を紹介していきます。その前にズッキーニと胡瓜は同じ野菜ではないのです。ズッキーニはかぼちゃと同じ種類の野菜ですので胡瓜とは別の野菜です。さて、きゅうりの種類を紹介していきます。一般的なキュウリ、 四川キュウリ 、四葉キュウリ  加賀の太きゅうり 、イボ無しキュウリ・フリーダム 、ラリーノ 、 馬込半白節成り胡瓜 、瓜 相模半白きゅうり、 奈良半白きゅうり 、毛馬きゅうり 、 白キュウリ(ホワイティ25) 、 デコきゅう/型はめきゅうり(ハート型やあ星型のキュウリ)、もろきゅうりなどがあります。 

胡瓜に含まれているフェセチンというフラボノイドの一種が脳の健康に良いと言われているとは、、、。

 

⭐️⭐️⭐️オカダ 

******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 tokyo salon atelier .co 

〒106-0032東京都港区六本木3-4-15-204 

TEL03-6809-6196 

定休日 不定休 

mail info@atelierco.jp http://wwwatelierco.jp atelier .co 

予約専用 https://beauty.hotpepper.jp/slnH000396627/?cstt=69 

******************************************************