六本木周辺でカットで美容院をお探しのお客様へ

2020/09/11 ブログ

みなさまこんにちはアトリエシーオーのオカダです

9月11日金曜日となりました。

今回はコラーゲンのおはなしをして参ります今更ですが、しばらく少し付き合ってください。

「コラーゲンって食べたり飲んだりしても意味がないんでしょ?」   ときどき、お客様からこのような質問をいただくことがあります。「テレビやネットでそういう情報を見た」とおっしゃるのです。   「美容のためにはコラーゲン!」 そう信じて、いろんなコラーゲン入りのサプリや食べ物を試してきたのに、「意味がなかった」なんて、、、、。コラーゲンは「ペプチド」で吸収される。アミノ酸に分解されるだけじゃないのです。  これまで、コラーゲンは消化の際に一度「アミノ酸」に分解される、と言われてきました。 アミノ酸は、体内でコラーゲンに再合成されたり、神経伝達物質になったりと、とても大切な栄養として体内で活躍してくれます。お肌はもちろん、骨や血管、内臓など、あらゆる部分で健康をサポートしてくれるので、決してそれがムダなわけではないのですが、これは普通に「たんぱく質」を摂取した時と同じなので「わざわざコラーゲンだけで食べなくとも、普通にお肉や大豆などを食べていれば良い」と言う人も多かったのです。   しかし! 近年の研究により、コラーゲンはすべてがアミノ酸に分解されるのではなく、一部は「ペプチド」という状態になって、体内のコラーゲンやヒアルロン酸の生成に役立つ役割をすることが分かってきたのです。   普通のコラーゲンよりも低分子で、その美容・健康効果が大変期待されている「コラーゲンペプチド」。普通の「コラーゲン」とは、一体どう違うのでしょうか?     コラーゲンとは違うのでしょうか。「コラーゲンペプチド」とは。  そもそも、コラーゲンというのは「たんぱく質」の一種。 たんぱく質は「アミノ酸」が複数結合したものの総称ですが、この分子量と構成によって、「コラーゲンペプチド」「ゼラチン」「コラーゲン」と呼び方が変わり、体内での吸収のされ方も違ってくる、というわけです。体内で吸収される際は細かく分解されるのですが、これまで、コラーゲンは前述の通り「アミノ酸として分解されるだけ」というのが定説でした。しかし、近年ではアミノ酸よりも少しだけ大きな「ペプチド」の状態でも、体内でそのまま吸収されることが分かってきました。 吸収されたペプチドは、体のすみずみまで届けられ、お肌はもちろん、関節や骨など全身で活用されます。   普通に食品からコラーゲンを摂取した場合は、一度分解〜再合成といった工程を経る必要がありますが、低分子の「コラーゲンペプチド」の状態で経口摂取した(食べた)場合は、分解工程を省略できるため、普通のコラーゲンよりも吸収性が高く、より高い美容・健康に良い結果を得られた、という研究結果も報告されています。   今、日本やアメリカなど国内外のさまざまな研究分野で、コラーゲンペプチドの働きが解明されはじめ、多くの研究結果が発表されています。 コラーゲンペプチドの需要は、年々高まってきているといえるでしょう。

明日も続きのお話をしていきます。  

 アトリエシーオーはネイルケアとネイルフットケアもしております。   

メイク、着付けお行なっていますので、 お着物を着る方も是非ご検討ください。   

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆当日予約大歓迎☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆   

毎日21時まで営業です☆ 当日予約も大歓迎です!!  

 03- 6809-6196 是非ご予約お待ちしております!   一緒に盛り上げていただけるスタッフも募集中です。   

六本木駅西出口1番出口からグランドタワー側のエスカレターを利用して地上にお越しください。   

⭐️⭐️⭐️オカダ   

******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

 tokyo salon atelier .co   〒106-0032東京都港区六本木3-4-15-204   

TEL03-6809-6196   定休日 不定休   

mail info@atelierco.jp http://wwwatelierco.jp atelier .co   

予約専用 https://beauty.hotpepper.jp/slnH000396627/?cstt=69   

******************************************************