六本木で美容院をお探しの方へ

2021/02/02 ブログ

みなさまこんにちはアトリエシーオーのオカダです

2月2日

節分となりました。

今年は

「2021年の節分の日は2月2日です」「えっ、節分って2月3日じゃないの?」

ーー実は節分は固定ではなく「立春の前日」というルールがあるんです。

 

今年の立春は2月3日。節分が2日になるのはなんと124年ぶりだそうです。2021年2月のカレンダーを見てみると、ほんまや!2月2日が節分になっとる!と関西弁は私の言葉でですが、みなさまはそうではないですが、でも、驚かれると思います。

 

 ■では立春は誰が決めているのでしょうか。それは日本の天文学の中核を担う研究機関である国立天文台です。   

「暦書」の編製を手掛ける国立天文台は毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項(れきようこう)を発表します。

内容は、国立天文台で推算した翌年の国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望(月の満ち欠け)、

東京の日出入、日食・月食など。カレンダーや手帳メーカーの人たちはこの発表を受け、翌年の商品を製作するんですね。   

2020年2月3日(奇しくも2020年の節分の日当日ですね!)に発表された「令和3年(2021)暦要項」の中の「二十四節気および雑節」のページを見ると、2021年の立春は2月3日と記載されています。 

 

 ■124年ぶりで、37年ぶり   

暦により天体の運行を推算し、暦象年表の発行や暦要項の発表を行う国立天文台の暦(れき)計算室によると、

節分の日が2日になるのは1897(明治30)年2月2日以来124年ぶり、

3日でなくなるのは1984(昭和59)年2月4日以来37年ぶりだそうです。   

 

「季節のめぐりを表す、いわゆる1年とは1太陽年のことです。1年ごとでは1太陽年365.2422日と1年365日の差から約6時間ずつ遅くなる。

 一方、うるう年には4年前より少し早くなる、というパターン」

 

このため、「しばらく2月4日の中に納まっていた立春の日が令和3年には2月3日へ移り、その前日の節分も連動して2月2日へ移った」といいます。

 

節分は、2022年に「2月3日」へ戻りますが、2025年から4年ごとに再び2月2日が続き、今世紀末にかけて頻度が増えていくとされています。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆当日予約大歓迎☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆ 毎日21時まで営業です☆ 当日予約も大歓迎です!! 03- 6809-6196 是非ご予約お待ちしております! 一緒に盛り上げていただけるスタッフも募集中です。 六本木駅西出口1番出口からグランドタワー側のエスカレターを利用して地上にお越しください。 ⭐️⭐️⭐️オカダ ******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * * tokyo salon atelier .co 〒106-0032東京都港区六本木3-4-15-204 TEL03-6809-6196 定休日 不定休 mail info@atelierco.jp http://wwwatelierco.jp atelier .co 予約専用 https://beauty.hotpepper.jp/slnH000396627/?cstt=69 ******************************************************