11月もよろしくお願いします。

2022/11/02 ブログ

ブログを読んで頂いている皆様、

11月になりました、こんにちはアトリエシーオーの岡田です。

久しぶりの更新ですが、最近、サ活が流行っていますね。

私も、瞼の痙攣がサウナを入ることで治った様な気がしましたので、

今回はサウナのお話をしてまいります。

サウナ発祥の地・フィンランドでは、サウナが健康のために役立つことが古くから知られています。高温のサウナ室に入ると、脈拍数が高くなり血圧も上昇。それにともない、身体の各器官に機能亢進が起こ理、サウナ浴ではこの反応を意図的に引き出すことが可能なです。  

・血行が良くなる⇒肩こりが改善! 

 身体が高温にさらされると、血管は拡張し心拍数が上がり、体内をより多くの血が循環するので、筋肉に流れる血液も増えるます。

・HSPが増加する⇒免疫力が上がる! 

身体の細胞にサウナの熱が加わるとタンパク質が損傷すると言われておりますが、同時にHSP(ヒートショックプロテイン)という別のタンパク質が生まれるそうです。HSPにはタンパク質の損傷を修復する性質があるため、細胞の再生を活性化して免疫力を高める効果があるとされています、。

 

運動により筋肉に溜った、乳酸は酸素により分解されて、汗として排出されるます、サウナ室では血流が安静時の2倍にもなり、酸素の摂取量も増え、酸素を多く摂取することで、効率よく乳酸が分解されて疲れが取れる仕組みになっています。

身体を温めた後、水風呂で冷やすと身体に強い刺激が加わり、新陳代謝も高まりやすくなり、健康に良い効果的です。

最近、特に悪いところもないのに、身体がだるくて活力がわかないという人は、自律神経が乱れている可能性があります。高温のサウナ室のあとに水風呂に入り、自律神経を刺激して働きを活発にすると、心身のバランスが調整されて活力がわく気がします。サウナ室では血管が拡張し、血圧は低い状態になって、水風呂に入ると血管は急激に収縮し、血圧が上がります。これを繰り返すうちに心臓と血管のポンプ機能が鍛えられるため、血圧が正常値に近づき、低血圧改善につながる効果があると言われています。

 

・温度の低いサウナにゆっくり入る場合は70 ℃前後のサウナ室に入り15~20分入浴。サウナ室を出たら足に桶2~3杯ぶんの水をかけ、身体をよく拭いて20~30分安静します。ストレスの解消、不眠症の改善の効果あります。

低温のサウナにゆっくり入ると、神経の働きが静まって緊張が解け、ストレス解消につながります。神経の働きを活動的な状態から休息の状態へと自然に転換するため、快適な睡眠を促す効果もあります。 高温のサウナに繰り返し入る  90 ℃ほどの高温サウナに10~15分入浴。水風呂やシャワーは避けて休憩し、サウナの入浴時間を2、3分ずつ短くしながら3、4回繰り返すします。ここで大体1時間や2時間はサウナに入っています。  水風呂やシャワーを避け、高温サウナへの入浴と休憩を繰り返すと、効率よく心身共にリラックスできます。

 高温のサウナに短時間入る場合は、  シャワーを浴び、90℃ほどの高温サウナに8分から12分程度入浴。 神経に疲労が溜まると、まぶたのけいれんや肩こりなどの症状が出る。熱いサウナに入ると皮膚に刺激が加わり、神経の調整能力が向上。自らの抵抗力が高まり、これにより神経疲労が回復し、症状が抑えられます、私もサウナで恩恵をいただいています。サウナ浴と水風呂の刺激による効果的です  

・ サウナ室と水風呂では、血圧や心拍数が急激に変化して、休憩して正常な状態に戻すことで、身体への負担を減らし、サウナ効果を最大限に引き出せます。

これによって自律神経が整えられ、ストレスを効果的に解消できるます、人間の身体には、温度を感知するセンサーが皮膚にあり皮膚の温度変化を感知、もうひとつは脳の中で血液の温度を感知します、諸説ありますが、サウナに入ると、この2つのセンサーは温度の上昇を脳の中枢に伝え、自律神経を通して血液循環の速度などを調整し体温を下げようと、体温を一定に保とうとする機能を、短時間で活性化し、サウナは、空調に守られ身体機能が鈍った現代人にとって、身体本来の働きを呼び覚まさせ、健康へと導いてくれると言われています。

 

サウナ愛好者の間で使われていた「ととのう」という言葉が、2021年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされ、話題になりました。最近もサウナブームは続き、私の周りでもサウナ愛好家、いわゆるサウナー(サウナ愛好者)のビジネスパーソンが増えている印象です。  汗を出してスッキリ爽快に「ととのう」こと、あるいは美肌やダイエット効果を狙う女性もいらっしゃいます。  しかし、「ととのう」という言葉が登場して皆さんポジティブになっているせいか、危険な入り方をしている人もお見かけします。一歩間違えればサウナは危険です。  心身の健康にサウナが役立つように、血管の中で起きていることをしっかり認識する必要があると思います。

サウナーの皆さんに普段見落とされがちな、サウナにまつわる「4つのリスク」をご紹介したいと思います。  

 

リスク① 高温~サウナは異常な超高温空間 まず第1に、「高温」の弊害です。日本で一般的なドライサウナ(乾式サウナ)の室内は80~100度。鉄アレイを持ってサウナに入ったらヤケドしてしまうほどの高温です。いわば特殊な超高温空間に身を置いていることを忘れてはなりません。人の体温は約36℃ですが、皮膚の表面で薄い空気膜が作られます。その中で対流を起こすことで熱交換、温度調整、発汗調整をしています。そのためにヤケドしない、というメカニズムです。  人間は蓄熱体ですから体温が上昇し、調整機能にも限界があります。長い時間のサウナはかなり危険な状態と言えます。  低血圧状態で高まる脳梗塞、心筋梗塞のリスク 40度以上の温泉に入りながらウトウトと寝てしまうと、筋肉が固まり壊れる「悪性高熱症」となることがあります。  頻脈や不整脈、代謝性アシドーシス、血圧不安定、呼気炭酸ガス分圧上昇・低酸素血症などが出現します。その後急激な体温上昇(15分間に0.5℃以上、40℃以上の体温)が始まります。ひどいときは1、2時間も意識を無くしてしまう、致命的な症状にも陥ります。  まさかサウナの高温で眠ってしまうことはないでしょうが、温泉の2倍以上の高温ですから、絵空事ではない「サウナの高温のリスク」があることを肝に銘じておきましょう。

 

リスク② 超低血圧~高温で血管が広がった状態に 第2に、「血圧」の変動です。高温の空間に身を置くことで、血管が拡張するため全身の血流がよくなりますが、視点を変えれば血圧は低い状態になっているのです。  降圧剤(血圧を下げる薬)を飲んでいる高血圧の人は特に注意が必要です。  普段からクスリで血管を広げ、血圧を下げているところを、サウナの高温でさらに輪をかけて血管が広がってしまいます。収支血圧(=体の中の様々な仕組みの収支決算としての血圧)が極端に下がってしまいます。  心臓をとりまく冠動脈が狭くなっている方が、サウナでいきなり血圧を下げると、血管内で血液を送っている組織や細胞に血液が十分に供給されない状態(=虚血)を招きます。虚血は酸素不足とほぼ同じで、心筋梗塞を起こすリスクが高まります。これは脳でも一緒です。血管内で進む“異常事態” また、末梢血管が広がると、心臓の狭いところから先に血液が回りにくくなり、狭心症発作を引き起こす可能性があります。  高血圧症、冠動脈狭窄きょうさく症、狭心症の人がサウナに入るときには、できるだけ短時間で切り上げるなど、「超低血圧」に対する十分な注意が必要です。  

 

リスク③ 脱水~「血管内脱水」で血管内はドロドロになる 第3に、「脱水」の危険です。個人差はありますが、サウナは1回で300~400cc相当の水分が失われると言われています。サウナ入浴を何回も繰り返し、一日で体重を2~3kgも落とす人がいます。これは本当にやせているのではなく「血管内脱水」を起こしているだけです。すなわち「血管内水分」が抜けているだけなのです。  このためサウナ後にビールを飲んだり、水分をたくさん飲んだりすれば、元通りに戻ります。真のダイエットとは言えません、我々は、心臓の弁に何らかの障害を抱える心臓弁膜症の患者さんには「利尿剤(=おしっこが出やすくなる薬)」を処方します。心臓の負担を和らげるためです。これも「血管内水分」を抜くというメカニズムです。  一番簡単なダイエットが「利尿剤」と言われることがありますが、サウナではこれを強制的にやっていることになり、健康的な方法ではありません。狭心症の人は「超低血圧」「虚血」「脱水」のトリプルパンチ 脱水した血管の中はどうなっているのか、考えたことはあるでしょうか。血管内の血液量は体重65kgの人で5ℓ程度。このため血液中の水分が失われると水分減少状態(=血管内脱水)となって、血液粘稠ねんちょう度(=血液のドロドロ度)が高まります。  血液がドロドロに濃縮することによって高まるリスクは、脳梗塞や心筋梗塞、さらには痛風、尿管結石の発作のリスクです。  低血圧による虚血も伴っていますから、高血圧で降圧薬を服用している人、血管が狭くなっている人、狭心症の人は、「超低血圧」「虚血」「脱水」のトリプルパンチに見舞われていることになります。本当に気をつけないと、命を落とすことにもなりかねません。  さらに怖いのは、脱水で腎臓に血液が行き渡らなくなることです。これは、血圧が下がり脱水症状を起こす「腎前性腎不全」と呼ばれ、「尿細管」の障害など腎臓に少しずつダメージが蓄積されます。こうなると腎臓機能がなかなか回復しない場合もあるのです。  

 

リスク④ 悪玉高血圧~水風呂で一転「超高血圧状態」 第4に、サウナ後の「水風呂」の恐ろしさです。私は医学生時代、血圧を計測したうえで冷たい氷水に手を入れて、血圧の変化を調べる実験をしました。若い同級生は何のことはなかったですが、40歳の同級生は急に血圧が上がり、めまいを起こして倒れてしまいました。  彼は持病を持っているわけでもなく、血圧がやや高めくらいの健常な人でした。それでも「寒冷刺激」によって「交感神経反応」がおこり、手だけではなく全身の血管が締まり、血圧が急上昇して倒れてしまったのです。これと同様、サウナでバンバンに血管が広がった直後の水風呂では、「寒冷刺激」による「交感神経反応」で間違いなく、危険なほど血圧は上がっています。何という血圧の激しい上下動でしょうか。このような危険な高血圧状態を「悪玉高血圧」と呼ぶ内科医もいます。  どのくらい血圧が上がっているかは個人差があるでしょう。友人が倒れた経験から、私もサウナを始めた当初は水風呂には気をつけました。サウナ後には「ぬるめのシャワーを頭から浴びてから水風呂に入る」「慣れてきたら半身浴」「さらに慣れてきたら全身」という段階を踏みました。

 

サウナ大国であるフィンランドでは、「サウナに入るほど高血圧が治り、心臓病リスクも低下する」との真逆の調査結果もあります。  小さいころから慣れていて自己調節機能が働いているのでしょう。ベテランサウナーならまだしも、慣れていない日本人の「にわかサウナー」にはあてはまりません。  驚いたことに長い時間水風呂に入って、頭がグルグル回るのが気持ちいいとおっしゃる人がいました。脳内から、セロトニンかアドレナリン、β-エンドルフィン、オキシトシンなど何か気持ち良くなる物質が出ているのでしょうが、急激な血圧の上下動が原因であることは明らかです。  これは甚だしく危ない状態です。そのまま気を失って「あの世」に行くという恐れもあり、怖くなってしまいました。  そんな時にビールでも飲んだら体に大きな負担をかけることになります。これは健全な「ピンピンコロリ」ではありません。いつまでも元気で健康長寿を目指す、という本連載の趣旨からも外れてしまいます。  心臓や血管に負荷をかけないための絶対ルール サウナの健康効果を高め、「ととのう」と共存しているのが、血管の中で生じる数々のリスクです。激しい血管の収縮を避け、負担をかけ過ぎない「血管を守るサウナの入り方」が健康で長生きするためには欠かせません。  1.血管の拡張をほどほどにするため、低温サウナで短時間を心掛ける  心臓の鼓動がバクバクしてきたら、それは血管が悲鳴を上げているサインです。限界まで粘る必要はどこにもありません。  マラソンでいうランナーズ・ハイを求めるのか、たまに12分計が1周するまで粘っている人を見かけます。血管は大丈夫かと心配になってしまいます。できるだけ短時間でサウナを出ましょう。  2.血管の収縮をほどほどにするため水風呂は短時間で  サウナ後に急に冷たい水風呂に入ると、全身の血管が締まり必ず高血圧になります。しかもサウナで低血圧後になった直後の超高血圧状態ですから、血圧の急激な変動は心臓や血管に大きな負担となっています。  40歳以上の高血圧の方は特に気をつけましょう。血管が破れる、血管の血栓がはがれて詰まるなど、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まります。体の芯まで冷え切ってしまうほど長く水風呂につかるのは、高血圧状態を加速させます。急激な温度変化、血圧変化を避け、半身浴、あるいは冷水シャワーがいいでしょう。

皆さん、日常まったく意識しないでしょうが、水やお湯につかると水圧が体にかかります。水の圧力は思った以上に強いものです。手術後の心臓には負担が大きいので、退院する患者さんには「お風呂はしばらく半身浴にとどめておいてください」とお勧めしています。  心臓や血管は「ととのう」の裏で悲鳴を上げている 3.血管内脱水を救うために、サウナ後には必ず水分補給を  心臓の血管(冠動脈)も脳の血管も2~3mmの太さです。多少の収縮は大丈夫ですが、それでも水分補給は必要不可欠です。ビールは利尿作用があるため水分補給にはなりません。水分を摂らずにギリギリまで汗を絞り、血管内脱水を起こしているにもかかわらず、ビールを飲んで脳梗塞で倒れるケースもあるからです。  気持ち良さが先行し、「ととのう」ことばかりが注目・強調されていますが、血管の中は別です。まさか「血管内水分」が蒸発しているとは誰も思わないことでしょう。そもそも「血液=水分」と認識している人はまずいません。  心臓や血管は気持ちいい発汗の裏で悲鳴を上げています。こまめな「水分補給」こそ命を守る生命線です。「血液には水分が満ちていて、サウナによる脱水で血液がドロドロになり、血管が細くなっている」ことを忘れないでください。

 

【着付け料金】 

訪問着 7,700円 

留袖  8,800円 

振袖  11,000円 袴   8,000円 

喪服  5,500円 

【ヘアセット メーキャップ】 ヘアセット4,400円 メーキャップ 3,500円〜5,500円 

冠婚葬祭、結婚式、卒業式、七五三、お宮参等  ご希望の時間・場所へ出張致します!   

自宅、ホテルへ出張にて  着付け&ヘアセット&メイクアップを全て一度に承ります!  もちろん着付けのみでもOK! 

出張費無料・交通費実費(都内2500円)   

  振 袖 + アップスタイル ¥11,000   留袖/色留袖 + アップスタイル ¥8,800   

■メイクアップも追加で承ります  

ブライダルやその他のメニューはホームページをご覧ください。 

http://www.atelierco.jp   

ご予約、お問い合わせはこちら info@atelierco.jp 

①お名前 ②ご連絡先(日中連絡先) ③着付けをする会場(駅名やホテル名など決まっていましたら詳細をお願いします) ④メニュー ⑤施術希望時間〜仕上がり希望時間 (目安時間:着付けのみ30分〜40分、 着付け&ヘアセット90〜120分) ⑥駐車場有無  

 

またはこちらの問い合わせフォームからも お問合せいただけます。  http://b.hpr.jp/sd/H000396627/    

※尚、お問い合わせでお名前無記入、連絡先無記入など方が大変多くいらっしゃいますので、申し訳ありませんが、記載しましたメールアドレスからのお問い合わせの方のみお受けいたしますのでよろしくお願い申し上げます。  

お気軽にお問合せください  東京都23区 千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区  明治神宮・日枝神社・神田明神・大國魂神社

・湯島天神・富岡八幡宮・乃木神社 東京・原宿・赤坂・溜池山王・明治神宮前・御茶ノ水・永田町・府中本町・湯島・門前仲町・六本木  

アトリエシーオー 岡田  オカダ  

******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 atelier .co 〒106−0032東京都港区六本木3-4-15-204 TEL03-6809-6196 営業時間10時〜20時 定休日 不定休 mail info@atelierco.jpj http://atelierco.jp  

******************* * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 地域  港区、千代田区 - 飯田橋 東京メトロ東西線 - 九段下駅 開催場所 出張着付け 

出張ヘアメイク 東京都内23区 都内近郊   上級着付け技能士(厚生労働大臣認定) 美容師免許/理容師免許