ホワイトデーです。今回の米国の中堅地銀シリコンバレーバンク、シグネチャーバンクの経営破綻の破綻は2008年のリーマンショック以来の世界的金融危機につながることを懸念する声も出ているが、

2023/03/14 ブログ

ブログを読んでいただきありがとうございます。

アトリエシーオー岡田です。今回はホワイトデーのお話をして参ります、そして最後にヘブライ語も載せております、少々お付き合いくださいませ。

 

日本人であれば誰でも知っているイベントのひとつ、ホワイトデーは3月14日! バレンタインデーにチョコレートやギフトを受け取った方のなかには、何をすればしようかと頭を悩ませている方も少なくないはずです。  そんなホワイトデーは、2月14日のバレンタインデーに渡されたプレゼントのお礼の意味を込めて、贈り物をお返しする日です。 元々はマシュマロやキャンディなどのお菓子をお返しするのが一般的とされている風潮がありましたが、ここ近年はお菓子以外のギフトをお返しも多くなってきています。  またバレンタインデーと同様に、友達同士でホワイトデーにチョコレートを贈り合う「友チョコ」イベントの日としてもホワイトデーは活用され始めています。ホワイトデーは、いつもお世話になっている人や仲のいい友人に、運気が良くなるプレゼントを贈り合って楽しく過ごす1日になってきているのかもしれませんね♩

 

 

 1年のイベントの中でも根強い人気を誇るホワイトデーですが、実は世界中でも日本でしか親しまれていない文化の日だとご存じでしたか? 日本ではバレンタインデーにもらったプレゼントのお返しは、ホワイトデーに贈るという構図ができていますが、日本独自のこの文化は海外からすると一風変わったように感じられるかもしれません。  そんな日本のホワイトデーですが、いくつかの起源が存在するとされています。ここでは、その中でも有力とされているホワイトデーの起源をご紹介していきます♩   

日本にホワイトデーが生まれたのは、1978年です。 バレンタインデーの“お返し”の風潮が若い世代の間で生まれ、これを受けた「全国飴菓子工業協同組合」が3月14日を「ホワイトデーはキャンデー贈る日」と命名し、バレンタインデーのアンサーデーを考案しました。元々バレンタインデーの発祥の地ヨーロッパでは、3月14日のホワイトデーの習慣はありませんでした。日本にホワイトデーが生まれたのは、1978年です。バレンタインデーの“お返し”の風潮が若い世代の間で生まれ、これを受けた「全国飴菓子工業協同組合」が3月14日を「ホワイトデーはキャンデー贈る日」と命名し、バレンタインデーのアンサーデーを考案しました。他にも、1977年に福岡のお菓子屋さん「石村萬盛堂」が白いマシュマロを販売し、この日(3月14日)を「マシュマロデー」と呼んだことがきっかけになったという説もあります。 ホワイトデーは「贈り物には必ずお返しをする」という日本人らしい強い義理人情を表した風習ではないでしょうか。  

 

1. 不二家・エイワ説  ホワイトデーの由来仮説1つ目は「不二家・エイワ説」です。  日本では、お菓子メーカーの働きかけ、欧米文化の導入等で、バレンタインデーが一般的になってきていました。その際に、お菓子メーカーの不二家とエイワが共同で、「3月14日にバレンタインデーのお返しをする企画を行ってみては?」という発案をし、ホワイトデーを作ったと言われています。  「リターン・バレンタイン」という名称で、チョコのお返しにマシュマロをプレゼントしようという内容の企画を行い大ヒットさせたという説になっています。その影響から、ホワイトデーギフトにはマシュマロといったイメージをお持ちの方が今も多いのかもしれませんね!

 

   2. 石村萬盛堂説  ホワイトデーの由来仮説2つ目は「石村萬盛堂説」です。  石村萬盛堂とは福岡県にあるお菓子屋さんで、当時の石村萬盛堂の社長が少女漫画で「バレンタインデーのお返しにせめてマシュマロでも渡してほしい」という文章を目にし、バレンタインデーのお返しの日を作って、マシュマロを渡す文化を作ろう!と発案した説です。  石村萬盛堂の社長は、有名百貨店の岩田屋にも協力を求め、大きなイベントが重ならない3月14日にマシュマロをプレゼントする「マシュマロデー」を開催するように企画。1978年の3月14日からマシュマロデーがスタートしました。その後、その動きは全国に広がり、「ホワイトデー」という名前に変わって、今もなお語り継がれているという説になります。  

 

3. 全飴協説  ホワイトデーの由来仮説3つ目は「全飴協説」です。  全飴協とは、全国飴菓子工業協同組合のことで、飴菓子などの協同組合として存在しています。全飴協は1978年3月14日を「キャンディーを贈る日」として設定し、それを全国に普及させようと活動しました。   百貨店の三越や広告代理店の電通とタッグを組み、名称を「ホワイトデー」と改め大々的にキャンペーンを開始。瞬く間にホワイトデーは全国に広がり、キャンディーは飛ぶように売れたという説です。英和辞典の「ホワイト」に、シュガーやスイーツなどの白いスイーツを連想される単語が表記されていたのと、「若者の汚れのない純愛」をイメージ出来ることから、ホワイトデーと命名されたとする説です。

 

4. ウァレンティヌス司教説  ホワイトデーの由来仮説4つ目は「ウァレンティヌス司教説」です。  みなさんご存知のように、バレンタインデーの由来となっているのは、古代ローマ時代の「ウァレンティヌス司教」が起源とされています。 優秀な戦士を育てる為に、若者の男女が恋愛をし結婚をすることを固く禁止していた古代ローマにて、王様にバレないようにこっそりと結婚式を執り行っていた司教は、行為がバレ王様に死刑を言い渡されてしまいます。刑が執行されたのが2月14日だったためその日を忘れないようにと、司教の名前からバレンタインデーと名付け毎年を祝うようになったのです。  その丁度1カ月後、司教が行った男女の夫婦は改めて3月14日に永遠の愛を固く誓い合いました。そうした意味で、3月14日をホワイトデーとしよう!と定めた説もあります

 

さて最後になりますが、

運気の上がるお菓子というのはあります。その人と円滑な人間関係を結べるような効果のあるものもあるのです。   

運気の良くなる、お互いの関係が良くなるお返しをリクエストしてはいかがでしょうか。運気の良くないスイーツもご紹介しますので、距離を縮めたくない方は、お試しください。もちろん、運気的な作用は即効性があるわけではありません。繰り返すことで効果がアップする場合がほとんどですので、お気軽に。   運気の上がるスイーツ!甘くて、ゆっくりと溶けていくお菓子は、バレンタイン・ホワイトデーに関わらず運気アップ効果があります。    

キャンディやキャラメルは、普段から持ち歩いて、ちょっとした休憩時間に配るとよいでしょう。   

また、長方形や四角、立方体のかたちをしたお菓子も、人間関係に良い作用をもたらします。   

四角いケーキやクッキー、エクレアは長方形に近いですね、そういった形のものを選ぶとよいでしょう。   

そう考えると、キャラメルは最強の人間関係アップスイーツと言えるかもしれませんね。

 NGスイーツは逆に、縁を遠ざけてしまうスイーツは、穴があいたもの。   

ドーナツやバームクーヘンは避けた方が良いでしょう。 長寿、幸せを重ねるという意味があり、結婚式などの慶事の贈り物に多いバームクーヘンが、縁を遠ざけてしまうのは意外なことです。  

 風水的には、「穴があく」という意味があり、心に穴があく、関係に穴があくと読み解くことが出来るのだそうです。  見方を変えると、色々かたちが変わるという例でしょう。

丸く穴のあいてないバームクーヘンも売っていますし、アンドーナツには穴がないことが多いです。そういった工夫をしながら、両方上手に取り入れると楽しいですね。   

 

現代日本を代表する小説家で、日本人として2人目のノーベル文学賞を受賞した、大江健三郎さんが、今月3日、老衰のため亡くなりました。88歳でした。

大江健三郎さんの作品は中学二年生向けの教科書の 2006年~2020年に採用されていたそうです。大江健三郎さんはエッセイが良く知られている様です。

教科書に採用された作品は

【吟味された言葉 】

あらすじ(要約)・冒頭(書き出し) 人の話に一つか二つ吟味された言葉が含まれていて、それが話の骨格を構成するとき、自分には心からおもしろいと感じる。私が家族で四国の故郷に帰った時のことだ。長男の光は祖母によくなじみ長い時間を過ごした。そして帰るとき、彼は祖母に「元気を出して、しっかり死んでください!」と挨拶したのだ。そのうち彼は祖母に電話をかけてこの言葉を訂正したのだが、その後祖母は大病をして幸い回復し、世話をする妹に対し、光の挨拶の言葉が闘病の一番力になったと話したという。彼は祖母が問わず語りで、死ぬことだけは人生で初めてなのでしっかりしないといけない、と話すのを聞いていたのだろう。そして、自分の心に湧いた気持ちを吟味して、あの言葉にしたのだと思う。障害を持った孫によって吟味された言葉が、おばあちゃんを力づけ、大病を耐え抜かせた。

 

また、大江健三郎さんはヘブライ語の翻訳にも携わっておられたそうです。

ヘブライ語を少し紹介してみます。

日本語とヘブライ語の類似性に驚きの声 その理由とは  旧約聖書の民ヘブライ人(ユダヤ人)たちが使っている言葉がヘブライ語です。

日本語とヘブライ語の類似性に驚きの声 その理由とは  旧約聖書の民ヘブライ人(ユダヤ人)たちが使っている言葉がヘブライ語です。もちろん、現在のイスラエルでも使われている言葉です。  

ヤッホー!=ヤッホー!(神様) ヨイショ!= ヨイショ(神が助けてくださる) ワッショイ=ワッショイ(神が来た) ハッケヨイノコッタ!=ハッケ(撃て)ヨイ(やっつけろ)ノコッタ(打ち破れ) ジャンケンポン!= ジャン(隠して)ケン(準備)ポン(来い) ヤマト(大和) = ヤゥマト(神の民) かんぬし(神主)=カムナシ(長) エッサホイサッサ=エッサ(持ち上げる) サアー!= サア!(出発) ミヤ(宮)= ミヤ(神様のいる場所) アリガトウ= アリ・ガト(幸運です)神への感謝の言葉 ミカド (帝)= ミガドル (高貴なお方) ミコト(尊)=マクト(王、王国) アスカ(飛鳥)= ハスカー(住居) ミソギ (禊ぎ)= ミソグ(分別・性別) ヌシ(主)= ヌシ(長) サムライ(侍)=シャムライ(守る者) ヤリ(槍)= ヤリ(射る) 

ダメ(駄目)= タメ(ダメ・汚れている) ニクム (憎む)= ニクム(憎む) カバウ (庇う)= カバア(隠す) ユルス (許す)= ユルス (取らせる) コマル (困る)= コマル (困る) スム(住む)= スム(住む)

ツモル(積もる)=ツモル(積もる) コオル(凍る)= コ-ル(寒さ、冷たさ) スワル (座る)= スワル(座る) アルク (歩く)= ハラク(歩く) ハカル(測る)= ハカル(測る) トル(取る)= トル(取る)

 カク(書く)= カク(書く)ナマル(訛る)= ナマル(訛る) アキナウ(商う)= アキナフ (買う) ヤケド (火傷)= ヤケド(火傷) ニオイ(匂い)= ニホヒ(匂い) カタ(肩)= カタフ(肩)

 ワラベ (子供)= ワラッベン(子供) アタリ(辺り)= アタリ(辺り) オワリ(終わり)= アハリ  (終わり)  

(旧約聖書) また、古代ヘブライ文字と日本語のカタカナは、非常に似ています。 カタカナは日本に渡ってきた景教徒(キリスト教ネストリウス派)である秦氏が作ったものであるという説もあります。

 画像は日本語と(古)ヘブライ文字の類似性を示したものです。 特にカタカナとヘブライ文字の比較が多くなされています。 ご存知のように、ひらがなは漢字の字体を簡略化したもの、 カタカナは漢字の字体の一部を取って作られたものとされていますが、 そういった知識がない多くの外国人からするとただの偶然とは思えないようで、 古代イスラエルと古代日本の繋がりを指摘する声が相次いでいました。  日本語の源ではないかと思われる古代ヘブライ語が500以上もあります。  

古代ヘブライ語の

発音          意味 

アッパレ        栄誉を得る 

アラ・マー       どうしたの? 

アナタ         貴方 

アナニヤシ・エオトコ  結婚しましょう

アノー         私に応答させてください 

アリ・ガト       私にとって幸運です 

オイ          泣く 

オニ          私を苦しめる者

オハリ         終端 

カサ          傘 

グル          団結する 

コホル         凍る 

サラバ         さようなら平安なれ 

ジャン・ケン・ポン   隠す・準備せよ・来い 

スケベー        肉欲的に寝る 

ソーラン        注目せよ 

タカ・シオン      シオンの丘 

ダベル         しゃべる 

ダマレ         沈黙を守れ 

ツラー         辛い

ドシン         肥満 

ドスコイ         踏み落とせ 

マソリッ         祭り 

マツォ(餅)       イースト菌を入れないパン 

ミヤッコ         代表者 

ヤッホー         神よ! 

ヤー・ウマト(ヤマト)  神の選民の国  

「ヤーレンソーラン~」 ヤーレン・・・歌って楽しくなる 

ソーラン・・・はしご 北海道の漁で、ニシン漁の時の道具として「はしご」が使われていたらしいです。  他にも色々あります。 

 エッサ・・・運ぶ、運べ (「エッサ」神輿を担ぐときの掛け声) (ワッショイもヘブライ語だという噂があります) 

アタ・・・あなた 

バレル・・・はっきりさせる 

ホル・・・穴 

ミツ・・・果汁 

ヘスル・・・減らす 

ダベル・・・話す 

ヤドゥール・・・宿る 

ミガドル・・・高貴なお方 →ミカド? 

ミソグ・・・分別・性別 →ミソギ? 

ヌシ・・・長 ヌシ 

シャムライ・・・守る者 →サムライ? 

ホレブ・・・滅ぶ 

タメ・・・ダメ・汚れている 

ハデカシェム・・・名を踏みにじる →ハズカシメル? 

ニクム・・・憎む

 コマル・・・困る

 スム・・・住む 

ツモル・・・積もる 

スワル・・・座る

 ハカル・・・測る 

トル・・・取る

 カク・・・書く 

ナマル・・・訛る 

アキナフ・・・買う →商う? 

アリガド・・・私にとって幸福です →ありがとう? 

ヤケド・・・火傷 

ニホヒ・・・匂い (「にほひ」って、完全に百人一首みたいな言葉ですよね) 

ワラッベン・・・子供、ワラベ 

アタリ・・・辺り 

コオル・・・寒い、冷たい

 

 

【着付け料金】 

訪問着 7,700円 留袖  8,800円 振袖  11,000円 袴   8,000円 喪服  5,500円 【ヘアセット メーキャップ】 

ヘアセット4,400円 メーキャップ 3,500円〜5,500円 冠婚葬祭、結婚式、卒業式、七五三、お宮参等  ご希望の時間・場所へ出張致します! 自宅、ホテルへ出張にて  着付け&ヘアセット&メイクアップを全て一度に承ります!  もちろん着付けのみでもOK! 出張費無料・交通費実費(都内2500円) 振 袖 + アップスタイル ¥11,000   留袖/色留袖 + アップスタイル ¥8,800 

■メイクアップも追加で承ります ブライダルやその他のメニューはホームページをご覧ください。

 http://www.atelierco.jp ご予約、

お問い合わせはこちら info@atelierco.jp ①お名前 ②ご連絡先(日中連絡先) ③着付けをする会場(駅名やホテル名など決まっていましたら詳細をお願いします) ④メニュー ⑤施術希望時間〜仕上がり希望時間 (目安時間:着付けのみ30分〜40分、 着付け&ヘアセット90〜120分) ⑥駐車場有無 

 

またはこちらの問い合わせフォームからも お問合せいただけます。

  http://b.hpr.jp/sd/H000396627

 

/ ※尚、お問い合わせでお名前無記入、連絡先無記入など方が大変多くいらっしゃいますので、申し訳ありませんが、記載しましたメールアドレスからのお問い合わせの方のみお受けいたしますのでよろしくお願い申し上げます。 お気軽にお問合せください  東京都23区 千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区  明治神宮・日枝神社・神田明神・大國魂神社 ・湯島天神・富岡八幡宮・乃木神社 東京・原宿・赤坂・溜池山王・明治神宮前・御茶ノ水・永田町・府中本町・湯島・門前仲町・六本木 アトリエシーオー 岡田  オカダ 

 

******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

atelier .co

 〒106−0032東京都港区六本木3-4-15-204 

TEL03-6809-6196 

営業時間10時〜20時 

定休日 不定休 

mail info@atelierco.jpj http://atelierco.jp 

******************* * * * * * * * * * * * * * * * * * *