六本木駅近で気軽にヘアカラーができる美容院をお探しの方 ネット予約可能です。アトリエシーオーのブログ 

2019/07/07 ヘアカタログ

皆さまこんにちはアトリエシーオーのオカダです。

今朝は朝から雨が降っております、梅雨空ですね。

今日は雨が降って星空は見えませんが七夕です。七夕の歌ってどんな歌でしたでしょうか?

アトリエシーオーのオカダは歌いました♫【笹の葉サラサラのきばに揺れるお星様キラキラきんぎんつ砂子、ごしきのたんざくわたしがかいたお星さまきらきら空からみて】

七夕ってなんで7月7日なのか不思議ですよね私も知りませんでしたのでググってみました。

なんと、2パターンあるそうです。

天帝の娘で織り姫という働き者の娘が美しい布を織っていて、天帝はそれがとても自慢でした。年ごろの娘に夫を探していた天帝が娘に引き合わせたのが働き者で有名な牛飼いの彦星だったそうです。二人はすぐに恋に落ちて結婚することになったのです。しかし、結婚してから二人は毎日遊んでばかりでそれを見かねた天帝が二人を引き離してしまったとのこと。しかしそれから泣いてばかりでやつれてしまった織り姫を見かねた天帝は年に一度7月7日だけ二人を逢わせてあげることにします。二人は心を入れ替えて年に一度7月7日に逢えることを楽しみにまじめに働くようになったそうです。7月7日に雨が降ると川の水が増えてしまって渡るのが難しくなるのでカササギの群れが二人の橋渡しをしてくれるのです。

によりますと、昔、旗を折る織姫と、牛を飼う牛飼いの彦星が言いました、2人は恋が盛り上がったという訳ですね。

2パターン目は

あるところに若者が住んでいて、あるとき浜辺を歩いていると木の枝にとても美しい布がかかっているのを見つけました。若者はその布の美しさに心を奪われ家に持ち帰ってしまいました。その後再び同じ浜辺を通ったときに一人の女性がしくしく泣いていました。その女性は天女で木にかけていた布がないと天に帰れないというのです。あのきれいな布は天女の羽衣でした。美しい天女に恋をした若者は羽衣を返してしまうと天女が天に帰ってしまうと思い羽衣のことを黙っていました。その後、天女と若者は結婚して子供も授かり、仲良く暮らしていたのですが、ある時天女が羽衣を見つけてしまいました。天女が子供を連れて天へ帰ろうとしたので若者は必死で引きとめました。しかし天女の気持ちは変えられませんでした。天女は別れ際に若者に「私に会いたいと思ってくれるのならわらじを千足編んで竹の根元に埋めてください」と言い残してそのまま天へ帰ってしまいました。若者は言われた通りわらじを編んで竹の根元に埋めました。すると驚くことに竹が凄い勢いで成長して天に向かって伸びていきました。その竹を登って若者は天へと向かったのですが、わらじが一足足らずに、999足だったので後少しというところで天へ届きません。若者は必死で天女を呼びます。そしてそのことに気づいて天女が若者を引っ張りあげてくれました。天帝はそのことを知って、若者をためそうと思いました。若者に瓜の畑の番を命じたのです。「絶対に瓜を食べてはいけない」と言い聞かせながら。しかし炎天下で暑くてのどが渇いた若者は一つぐらいならいいだろうと畑の瓜に手を出してしまいます。すると瓜を切ったとたん、瓜の中から水があふれだしそれがみるみる大きな川となってしまいました。若者と天女は川を隔てて引き離されてしまったということです。しかし天女が悲しむので天帝が一年に一度瓜から出た水でできた天の川に橋をかけてあげ、二人は逢えるようになったそうです。

いかがでしたか?

皆様は七夕の日に何を願い事をしましたか?

私はアトリエシーオーのお願いですが、実はですね、お客様で出産を控えていらっしゃるお客様が数名いらしゃいます、多分、数名のお客差のお子様は同じ年になられると思いますが、亥年ですね、元気な赤ちゃんが生まれます様に、と願い事をして、

七夕のお話はここまでです。

アトリエシーオーでは、メーキャップや着付けの美容業務も行っております。浴衣の着付けも受け付けさせていただいており、大事な記念日の思い出の日にプロのカメラマンも手配させていただいておりますのでご相談くださいませ。


☆☆☆☆☆当日予約大歓迎☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆毎日21時まで営業です☆
当日予約も大歓迎です!!
03- 6809-6196
是非ご予約お待ちしております!
一緒に盛り上げていただけるスタッフも募集中です。
******************** * * * * * * * * * * * * * * * * * *
atelier .co
〒106-0032東京都港区六本木3-4-15-204
TEL03-6809-6196
営業時間10時~20時 定休日 不定休
mail info@atelierco.jp
http://www.atelierco.jp
blog   http://atelierblogspot.blogspot.com/2019/04/blog-post.html
******************** * * * * * * * * * * * * *